底辺ゲーム実況者が生放送をしないほうが良い理由【生放送の時代は終わった】

スポンサーリンク
ゲーム実況
スポンサーリンク

初めに

こんにちは!白竜です!
今回はタイトル通り

「底辺ゲーム実況者が生放送をやめたほうがいい理由」

について解説していきます!

※「生放送が趣味で人気なんて全く必要無い」という方はブラウザバック推奨です

配信者の時代は終わった

生放送主の時代は終わりを迎えたといっても過言ではありません。
元々ニコ生主として有名だった人たちやホロライブやにじさんじなどの有名Vtuber、デトネーターなどのプロゲーマーがずっと上位に君臨しています
もう2、3年サイクルが回っていません。

強いて言うなら最近は狩野英孝さんとかが新しく入ってきましたね。もう芸能人が新しく入ってきてる時点で無名の実況者じゃ勝てません(;O;)

※もしあなたが超かわいい声(イケボでも良い)で可愛い(かっこいい)Vtuberなら入り込めるかも?

じゃあ有名になるにはどうしたら良いのか

これは簡単な話で動画を作るべきだと私は考えます。

「じゃあ生放送と変わんねえじゃん!」

そんなことは無いと思います。

生放送を後から視聴する人はほぼ0です。もちろん切り抜きなどがバズったり放送事故がある場合、配信者が大規模なら別ですがここで話しているのは底辺の話です。

動画は「ジワ伸び」という概念があります。
名前通りジワジワ再生数が伸びていくことを指します。
動画は出せば出すほど配信者戦闘力が上がります。100本まともな動画を投稿し続ければそれなりにファンが付きます。ジワ伸びを目指しましょう。

毎日100回再生される動画を100本作ればあなたは一日1万再生ずつ得ることが出来ます。

まあそんな簡単な話じゃないんですけど(;O;)

今有名な人達

今有名な生放送主の方々も

昔は動画から有名になったパターンが多いです。

例えばstylishnoobさんを例にすると、彼は最初YouTubeのオーバーウォッチのキャラ解説動画で知名度を得ていました(僕もこの動画でしりました)
うんこちゃんさんなら6ポケやアマガミで知名度を得ていました。

こんな感じで最初はみんな動画からなんですよね。
しかし、最近のVライバー(Vtuber)は動画を全く出してないパターンも多いです。

「じゃあこの説明は間違ってるんじゃない?」

そんなことは無いです!!!
Vtuberの方々の視聴者が増えるタイミングって大体切り抜きがバズったパターンじゃないですか?

それも動画の力です。

じゃあ切り抜きを投稿すればいいじゃん!

極論そうです。

「どうしても配信がしたい!!配信で有名になりたい!!」

そういう人におすすめな配信方法は

1. Twitchかニコ生か生放送専用のYouTubeチャンネルで配信する
2. 配信で面白かった部分を自分で編集
3. 動画専用チャンネルに投稿

これがおすすめです。
なぜ生放送用と動画用で分けるのか
チャンネルがごちゃごちゃするからです(単純な話)
これ自分じゃあまり気づかないんですが、チャンネルがぐちゃぐちゃだと見てくれる視聴者がガンガンに減ります。僕もこの問題には非常に悩んでます。
「生放送、動画、生放送、動画、生放送」みたいな配置だと、どれが動画でどうが生放送かわからなくて視聴者にストレスを与えてしまいます。
なので分けるんですね。

ついでに言っておくとミルダムはあまりおすすめしません。ミルダムに向いている人もいるのですがそれについてはまた後日投稿します。

最後に

雑にはなりましたがここらへんで終わりたいと思います。

次回書くとしたら数字なども用いて詳しく解説します。

続きが見たい方いると思いますので近々書こうかなと思います!

このブログではゲーム実況者に向けた記事なども投稿しています。
こんなご時世ですがお互い頑張りましょう!

ゲーム実況を1年間続けてみた結果...【YouTube】【アナリティクス公開】
初めに こんにちは白竜です! 気づけばゲーム実況を始めて約1年が経ちました。 4/5から始めたこの活動の結果を報告したいと思います! YouTubeのアナリティクス これがアナリティクスです!YouTubeに動画を投稿した...
ゲーム実況者はニコニコ動画から始めたほうが良い理由【メリット・デメリット】
初めに こんにちは白竜です! 私はニコニコ動画にゲーム実況を投稿しています。 ニコニコ動画を長く続けている間で気づいたことをここに書いていきます! ※ニコニコ動画の回し者ではありません。 私はマインクラフトを主に実況してい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました